えんむすびの神さま 京都地主神社
神・こころ・ひと・日々新たに
縁結び祈願 京都地主神社 ご利益ページ 恋愛の神様 ご祈願ページ 地主物語
参拝時間 午前9時〜午後5時
良縁めぐり | 季節のお祭り | 由来と歴史 | ご社殿 | 神様とご利益 | 宮司の言葉 | 神社だより | 花だより | 資料庫 | 神社TOPICS BLOG | ハッピーフレンズ
TOP >>「母の日」「父の日」「敬老の日」サンクスデー特集 >> 敬老の日-Happy "Respect for the Aged Day"-
 
  • 特集TOP
  • 感謝の気持ち
  • 母の日について
  • 父の日について
  • 敬老の日について
  • お守りを贈ろう

敬老の日の由来って?

敬老の日って?

 

敬老の日(けいろうのひ)は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日です。
もともとは、野間谷村(兵庫県)の村長らが「老いた人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしていこう」と、1947年(昭和22年)にとなえた「としよりの日」が始まりといわれています。村では毎年9月15日に敬老会が開かれ、やがてこの運動は全国に広がり、1966年(昭和41年)に国民の祝日として「敬老の日」が制定されました。「母の日」「父の日」が外国にもあるのに対して、「敬老の日」は日本固有の祝日です。
2002年までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2003年からは9月第3月曜日となりました。

聖徳太子の敬老の日の関係?

 

聖徳太子が四天王寺に悲田院(ひでんいん)を建立した日が敬老の日の元であるという説もあります。悲田院とは、身寄りのない老人や貧しい病人、親のいない子どもたちを世話する施設で、723年(養老7)に聖徳太子が建てたと伝わっています。「悲田」とは、貧しく弱い人々を慈悲(いつくしみ、あわれむこと)の心で助ければ、福を生み出す田となる、という意味がこめられています。千年以上昔から、人の優しさ、愛こそが幸福をもたらすと説かれていたのです。
人への優しさや思いやりは、身近な人にほどついつい忘れがちになるもの。でも自分の身の回りにいる人、特に血のつながった親族を大切にできてはじめて、他人にも親切にできるのではないでしょうか。古来より不老長寿の霊山として信仰を集め、境内地が「蓬莱山(宝来山)」と称される地主神社では、毎年9月に「敬老祭」が行われます。健康と長寿を祈願するこのお祭りには、温かい思いやりの心を携えたお孫さんたちが、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に訪れています。

思いやりの気持ちってどう表せばいい?

 

小さい頃から一緒にいて、とても身近な存在のおじいちゃんやおばあちゃんでも、案外知らないことって多いもの。人の気持ちは、実際にその立場にならないとなかなか理解しにくいものです。
人は、誰でも老いるものですが、そのことで若い頃はなんでもなかったことが不便になったりします。たとえば、ちょっとした段差がきつく感じたり、目が見えにくくて転んでしまったり…。
そんな時にちょっと助けてもらえたら嬉しいですよね。
敬老の日に限らず、いつもお年寄りを気遣う気持ちを持っていれば、その思いはきっとおじいちゃんとおばあちゃんに伝わるはず。今の私たちの幸せな生活を築いてくれたおじいちゃん、おばあちゃんを敬う気持ちは、いつまでも忘れてはいけない大切なことですね。

 
ページ上部へ