えんむすびの神さま 京都地主神社
神・こころ・ひと・日々新たに
縁結び祈願 京都地主神社 ご利益ページ 恋愛の神様 ご祈願ページ 地主物語
参拝時間 午前9時〜午後5時
良縁めぐり | 季節のお祭り | 由来と歴史 | ご社殿 | 神様とご利益 | 宮司の言葉 | 神社だより | 花だより | 資料庫 | 神社TOPICS BLOG | ハッピーフレンズ
TOP >>「母の日」「父の日」「敬老の日」サンクスデー特集 >> 敬老の日-Happy "Respect for the Aged Day"-
 
  • 特集TOP
  • 感謝の気持ち
  • 母の日について
  • 父の日について
  • 敬老の日について
  • お守りを贈ろう

おじいちゃんとおばあちゃんのお祝いってどんなものがある?

いつまでも健康で長生きしてほしい!おじいちゃんと、おばあちゃんのお祝いって、どんなものがある?
 

60歳 還暦

干支(「十二支」「十干」)が60歳でちょうどひとめぐりして、生まれ年の干支(えと)に還ることから『還暦』と呼ばれる。古くは魔よけのために産着に赤色が使われていたが、再び生まれた時に還るという意味で、赤色の衣服(ちゃんちゃんこなど)を贈ることが多い。

70歳 古希

昔は70才まで生きるのはまれだったことから唐(中国)の詩人、杜甫が「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。しかし、七十年生きる人は昔から希(まれ)である)と詠んだ。その詩から「古希」と呼ばれる。お祝いの色は紫。

77歳 喜寿

「喜」の草書体「」が十七の上に七の字があるように見え、七十七と分解されることから、こう呼ばれる。お祝いの仕方や色は古希と同じ紫で、頭巾や扇子、ちゃんちゃんこなどを贈ることが多い。

88歳 米寿

「米」という字が「八十八」と分解できることからこう呼ばれる。お祝いの色は金茶。
米寿は長寿社会となった現代でも長生きとされるため、数多い長寿のお祝いの中でも、とくに盛大にお祝いをされることが多い。

99歳 白寿

「百」という字から「一」を引くと「白」となり、100-1=99 となるため、99歳のお祝いを白寿という。基本的には他のお祝いと祝い方は変わらないが、贈り物(たとえば頭巾・ちゃんちゃんこ・扇子)の色は白一色で統一し、長寿を祝福する。

 
ページ上部へ