line

宮司の言葉

宮司の言葉

日本で古くから信仰されてきた神さまは、太陽や山、森、木々など宇宙・世界・森羅万象に宿るとされ、八百万(やおよおよろず;非常に数が多いこと)の神ともいわれます。お米などの収穫を得るにも、日の光や雨が降ることでもたらされる水が必要なように、私たちは自然の恵み無しには、一日も生きていくことができません。科学がどんなに進歩し、社会や生活環境が激変しても、変わることのない真理といえるでしょう。古代の人々も日々の営みのなかで自然の大いなる力を感じ取り、自然への畏敬や信仰の念を持ったのです。農耕の技術や知識が発達していない古代においては、日々の糧を得るのも非常に困難であり、それだけに神様への切実な願い事は、豊作や豊漁であったことでしょう。さらには、人の命を後世へとつなぐ子孫繁栄は、いっそう大きな願いごとだったにちがいありません。日本で最も古くからお祀りされた神、原初の神々は、こうした願いをかなえる神であり、人や作物といった生命を産み出し、繁栄をもたらす神でした。また生命の誕生には2つのものを出会わせ結びつけることが必要です。そのため原初の神は、結びの神でもあったのです。

地主神社の神様は、日本でも非常に古くから祀られた古層の神、原初の神です。京都盆地は、大昔には湖に沈んでいた時代もありましたが、地主神社の境内地は、島のように陸地となっており、「蓬莱山」と呼ばれ不老長寿の霊山として信仰されていたと伝わっています。ご本殿前の「恋占いの石」も近年の研究で縄文時代の遺物とされています。こうした最古の歴史を持つ地主神社の神に古代の人々がささげた祈りは、やはり強いご霊力で命を産み出していただくこと、豊作や子孫の繁栄であったことでしょう。子孫繁栄には男女を巡り合わせ結びつけねばなりません。ですから原初の神である地主神社の神様は、縁をとりもつ結びの神、縁結びの神でもあったのです。

現代の皆様の願い事は、受験合格や商売繁盛、健康長寿など様々おありかと思います。しかしどんな願いごとよりも、まずはお一人お一人が命を授かること、この世に生をお受けになることが大前提ではないでしょうか?命を産み出し、命を授かるには、人と人との結びつきが不可欠であり、そう考えますと、どのお願いごとよりまず最初のお願いごとは、人と人との縁、つまりは出会いや絆であり、古代の人々と同様に「縁結び」ということになります。また男女の縁に限らず、私たちが幸福をえるには、日々良いご縁を授からねばなりません。仕事であれば、良い上司に巡りあうこと、良い取引相手に出会うこと。学生の方なら、良い先生や友人に恵まれること。是非ご縁や絆の大切さを心に刻んでいただき、古来より信仰の篤い地主神社の神様に縁結びの信心を深めていただきたいと思います。

近年、地主神社のご神徳は海外にも広がり、アジア・欧米を始め世界各地からご参拝をいただいています。日本古来の神様が海外でも理解され、ご信仰いただくことは、非常に意義深いことであり、喜ばしく思います。さらにこの信仰の輪が世界のすみずみまでおよび、世界中の人々がご縁を深め、強い絆で結ばれ、平和で愛に満ちた世の中となりますことを、心より願っています。

続きを読む

今月の宮司の言葉

令和3年6月「芒種」「梅雨」「夏至」「夏越しの祓」

 早いもので今年ももう6月です。

 6月16日は二十四節気七十二候の「梅子黄(うめのみきばむ)」。梅の実が薄黄色に色づくことから、この時期の長雨を「梅雨(つゆ)」と呼ぶようになりました。

 西洋では6月の花嫁は幸福になるといいますが、『万葉集』では梅が実を結ぶ時に結婚しようという歌が詠まれています。

  妹(いも)が家に咲きたる梅の何時(いつ)もいつも成りなむ時に事は定めむ(万葉集)
  (あなたの家に咲いている梅が、いつでも実を結んだとき結婚しよう)

 とはいえ、雨の日に一人でいると不安なときもあるものです。『伊勢物語』には、そんなやるせない心を詠んだ歌もあります。

  かずかずに思ひ思はず問いがたみ身をしる雨はふりぞまされる(伊勢物語)
  (あなたが私を思っているのかいないのか、確かめられないので分からないが、わが身のつらさを知るかのように雨は降り続いている)

 そして、6月21日は、夏至。一年で夜が最も短くなる時です。夏の夜のはかない美しさを、清少納言は『枕草子』でたたえています。

  夏は夜。月の夜はさらなり。闇もなほ、蛍の多く飛び違いたる(枕草子)
  (夏は夜がよい。月の夜はもちろん、蛍が多く飛び交う闇夜も風情がある)

 梅雨が明ければ、夏の暑さも本番です。

 地主神社では郵送にて縁結び・開運招福のご祈願のお申し込みをはじめ、お守りの授与をお受け付けいたしております。
どうぞぜひお授かりいただき、この夏をお健やかにお過ごしくださいませ。おしあわせに。
宮司の言葉 バックナンバー