line

季節のお祭り

6月30日(午後3時)夏越しの大祓祭

悪疫退散・厄除・開運招福
茅の輪守り 500円

悪疫退散・厄除・開運招福を祈願するお祭り。夏越しの大祓いは、奈良時代の宮中行事であり、日本最古の宗教儀礼とも言われています。本殿前に直径約2mの茅の輪をしつらえ、3度この輪をくぐる『茅の輪くぐり』の神事や、人形(ひとがた)を流して、半年間の厄落としを祈願します。
『茅』は『チガヤ』という植物で、鋭利な葉を持っています。古人がこの葉により身や心についた汚れをそぎ落とそうと考えたのが、儀礼のはじまりです。当日は茅の輪守りが授与されます。