line

神様とご利益

地主神社の神様

夫婦でおまつりされている地主神社の神様

縁むすびの神さま大国主命を主祭神として、その父母神、素戔嗚命(すさのおのみこと)・奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)、さらに奇稲田姫命の父母神、足摩乳命(あしなずちのみこと)・手摩乳命(てなずちのみこと)を正殿に祭祀。三代続きの神々をお祀りしていることから、子授け安産の信仰も集めています。
また、 芸能と長寿の神さま大田大神、旅行安全・交通安全の神さま乙羽竜神、知恵と学問、受験の神さま思兼大神を相殿に祭祀。末社には商売繁盛にご利益のある栗光稲荷社のほか、祓戸社、おかげ明神、撫で大国、水かけ地蔵、良縁大国を祭祀しています。
右の、5柱の神さまが本殿におまつりされています。素戔嗚命は八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して奇稲田姫命を救い、伴侶とされました。この夫婦神の間に生まれたのが大国主命(おおくにぬしのみこと)です。
大国主命は因幡の白兎を助けた、心の優しいご利益のある神さまとして広く知られています。

撫で大国なでたいこく

撫でる箇所によって、良縁・受験必勝・安産・商売繁盛・勝運・交通安全など、それぞれのご利益がいただけます。(続きはこちら

良縁大国りょうえんだいこく

いつもふくよかな笑顔をたたえて、幸せを授けてくださる良縁大国さま。契り糸についてはこちら

祓戸大神はらえどのおおかみ

心についた不浄、罪穢れ、沈んだ気持ちを祓い清め、もとの清らかで活力ある心へと導いてくださる神さま。(続きはこちら

おかげ明神おかげみょうじん

どんな願い事でも、ひとつだけなら必ず「おかげ」(=ご利益)がいただけるという、一願成就の守り神さま。特に女性の守り神として厚い信仰を集めています。
また、後方のご神木は「いのり杉」とも呼ばれ、昔には丑の刻まいり(うしのときまいり)のわら人形が打ち付けられていました。現在でもその釘跡が無数に残っています。(続きはこちら

水かけ地蔵みずかけじぞう

長い年月、地主神社の地中で修業をされた、徳の高いお地蔵さま。水をかけて祈願するとご利益があるので、水かけ地蔵さまと呼ばれて親しまれています。(続きはこちら

栗光稲荷くりみついなり

商売繁盛・家内安全・開運招福の守り神として厚い信仰を集めています。毎年初午祭が盛大に執行されています。
平成15年9月、御社殿の解体修復並びに土壌改良工事が竣工。ご社殿の朱色も色鮮やかに修復されました。

幸福祈願所こうふくきがんしょ

三度軽く打つとその心地よい響きが神さまに伝わり、良縁がいただけるという銅鑼があります。(続きはこちら

手水所てみずしょ

ご本殿ご参拝の前には、この手水所で心身をお清め下さい。
お清め、ご参拝の作法はこちらへ。