えんむすびの神さま 京都地主神社
神・こころ・ひと・日々新たに
縁結び祈願 京都地主神社 ご利益ページ 恋愛の神様 ご祈願ページ 地主物語
参拝時間 午前9時〜午後5時
良縁めぐり | 季節のお祭り | 由来と歴史 | ご社殿 | 神様とご利益 | 宮司の言葉 | 神社だより | 花だより | 資料庫 | 神社TOPICS BLOG | ハッピーフレンズ
TOP >> 宮司の言葉
  季節のお祭り  
宮司の言葉
日本の神様 -宮司の言葉-
 日本で古くから信仰されてきた神さまは、太陽や山、森、木々など宇宙・世界・森羅万象に宿るとされ、八百万(やおよおよろず;非常に数が多いこと)の神ともいわれます。お米などの収穫を得るにも、日の光や雨が降ることでもたらされる水が必要なように、私たちは自然の恵み無しには、一日も生きていくことができません。科学がどんなに進歩し、社会や生活環境が激変しても、変わることのない真理といえるでしょう。古代の人々も日々の営みのなかで自然の大いなる力を感じ取り、自然への畏敬や信仰の念を持ったのです。農耕の技術や知識が発達していない古代においては、日々の糧を得るのも非常に困難であり、それだけに神様への切実な願い事は、豊作や豊漁であったことでしょう。さらには、人の命を後世へとつなぐ子孫繁栄は、いっそう大きな願いごとだったにちがいありません。日本で最も古くからお祀りされた神、原初の神々は、こうした願いをかなえる神であり、人や作物といった生命を産み出し、繁栄をもたらす神でした。また生命の誕生には2つのものを出会わせ結びつけることが必要です。そのため原初の神は、結びの神でもあったのです。

 地主神社の神様は、日本でも非常に古くから祀られた古層の神、原初の神です。京都盆地は、大昔には湖に沈んでいた時代もありましたが、地主神社の境内地は、島のように陸地となっており、「蓬莱山」と呼ばれ不老長寿の霊山として信仰されていたと伝わっています。ご本殿前の「恋占いの石」も近年の研究で縄文時代の遺物とされています。こうした最古の歴史を持つ地主神社の神に古代の人々がささげた祈りは、やはり強いご霊力で命を産み出して頂くこと、豊作や子孫の繁栄であったことでしょう。子孫繁栄には男女を巡り合わせ結びつけねばなりません。ですから原初の神である地主神社の神様は、縁をとりもつ結びの神、縁結びの神でもあったのです。

 現代の皆様の願い事は、受験合格や商売繁盛、健康長寿など様々おありかと思います。しかしどんな願いごとよりも、まずはお一人お一人が命を授かること、この世に生をお受けになることが大前提ではないでしょうか?命を産み出し、命を授かるには、人と人との結びつきが不可欠であり、そう考えますと、どのお願いごとよりまず最初のお願いごとは、人と人との縁、つまりは出会いや絆であり、古代の人々と同様に「縁結び」ということになります。また男女の縁に限らず、私たちが幸福をえるには、日々良いご縁を授からねばなりません。仕事であれば、良い上司に巡りあうこと、良い取引相手に出会うこと。学生の方なら、良い先生や友人に恵まれること。是非ご縁や絆の大切さを心に刻んで頂き、古来より信仰の篤い地主神社の神様に縁結びの信心を深めて頂きたいと思います。

 近年、地主神社のご神徳は海外にも広がり、アジア・欧米を始め世界からご参拝をいただいています。日本古来の神様が海外でも理解され、ご信仰頂くことは、非常に意義深いことであり、喜ばしく思います。さらにこの信仰の輪が世界のすみずみまでおよび、世界中の人々がご縁を深め、強い絆で結ばれ、平和で愛に満ちた世の中となりますことを、心より願っています。


              
今月の宮司の言葉
平成29年6月 「夏越しの大祓」「茅の輪」「人形祓い」
 梅雨入りの季節となりました。雨の日に欠かせない傘は、飛鳥時代に伝来したとされています。

  百済の聖明王、(中略)幡(はた)蓋(きぬがさ)若干(そこら)、(中略)を献(たてまつ)る。(日本書紀)
  (百済の聖明王が、幡(はた)と蓋(きぬがさ)を差し上げた)

 うっかり忘れがちな傘ですが、『枕草子』でも出先で雨に降られてしまい、迎えの者が持って来た傘をさして帰る人の姿も描かれています。

  まめやかに降れば(中略)かさ持(も)て来たるをささせて(枕草子)
  ((雨が)本格的に降ってきたので、(中略)傘を持ってきたのをさしかけさせて)

 時には家でゆっくり、雨音に耳を澄ませてみるのもよいものです。『万葉集』には、大切な人とくつろげる雨の日を心待ちにする歌も詠まれています。

  ひさかたの雨も降らぬか雨(あま)つつみ君にたぐひてこの日暮らさむ(万葉集)
  (雨でも降らないかな。雨に包まれてあなたと一緒に今日の日を暮らそう)

 やがて梅雨から夏へ、一年も半分の折り返し地点を迎えます。昔から、6月30日は半年間のけがれを祓い、残りの半年の無病息災を祈願するという習わしがありました。

  水無月の夏越(なごし)の祓へする人は千歳(ちとせ)の命延ぶといふなり(拾遺和歌集)
  (6月の夏越しの祓いをする人は、寿命が千年も延びるというそうだ)

 地主神社でも、6月30日には「夏越しの大祓祭」を執り行います。境内にしつらえた大きな茅の輪は、地主神社の祭神である素戔鳴命(すさのおのみこと)が、旅先の宿の主人に小さな茅の輪を授けたのが始まりです。

  茅の輪を以ちて腰に着けたる人は、免れなむ(風土記)
  (茅の輪を腰に着けている人は、病気にかかることはないでしょう)

 地主神社でも、茅の輪守りをお授けいたします。また、紙人形にけがれをうつす「人形(ひとがた)祓い」をお受けいただくこともできます。
 どうぞ、この夏もお健やかにお過ごしいただき、これからの半年間も充実した毎日を送られますように。おしあわせに。

 
ページ上部へ