えんむすびの神さま 京都地主神社
神・こころ・ひと・日々新たに
縁結び祈願 京都地主神社 ご利益ページ 恋愛の神様 ご祈願ページ 地主物語
参拝時間 午前9時〜午後5時
地主物語プロローグ | 縁のはじまり | 縁を贈る | 地主物語 | 縁を詠む | 良縁を呼ぶ特別祈願
TOP >> 地主物語TOP >> 地主物語 目次
  地主物語メインイメージ  
 
開運もくじ
地主物語−プロローグ−御車返しの桜
TOPページ
地主物語
縁のはじまり
縁を贈る
縁を詠む
縁むすび特別祈願
 
地主物語 目次
 
プロローグ 『御車返しの桜』『嵯峨天皇と坂上田村麻呂の縁』 CLICK
平安時代、嵯峨天皇があまりの美しさに車を三度返されたことから「御車返しの桜」と呼ばれる地主神社の桜。骨肉の争いの後長きにわたり世を治めた嵯峨天皇、そしてそれを影で支え続けた坂上田村麻呂の深い縁を辿る。
 
夏 『いのり杉  のろい杉』 CLICK
一願成就の神様「おかげ明神」の後方にあるご神木は「いのり杉」「のろい杉」ともいわれ、江戸時代に女性の間で流行した「丑の刻参り(うしのときまいり)」に使われたという。今も、のろいの願をかけ、五寸釘を打ち込んだ跡が無数に残っている。
 
秋 『世阿弥と観阿弥 父子の縁』 CLICK
日本の古典芸能である「能」を大成した世阿弥は、地主桜を謡った多くの作品を残している。そして世阿弥の父観阿弥もまたに「能」に人生を捧げた一人であった。父に反発しながらも、同じ道を選んだ世阿弥がやがて気づいたこととは?
 
冬 『運慶と快慶  ライバルであり友でもあった二人の縁』 CLICK
地主神社の本殿の前にあるたくましい一対の狛犬。この狛犬は、鎌倉時代の天才仏師としてその名をはせた「運慶」が奉納したものと伝わる。運慶が力をつけていった背景には、もう一人の天才と呼ばれたライバル快慶の存在があった。
特別祈願
ページ上部へ