line

宮司の言葉

宮司の言葉

日本で古くから信仰されてきた神さまは、太陽や山、森、木々など宇宙・世界・森羅万象に宿るとされ、八百万(やおよおよろず;非常に数が多いこと)の神ともいわれます。お米などの収穫を得るにも、日の光や雨が降ることでもたらされる水が必要なように、私たちは自然の恵み無しには、一日も生きていくことができません。科学がどんなに進歩し、社会や生活環境が激変しても、変わることのない真理といえるでしょう。古代の人々も日々の営みのなかで自然の大いなる力を感じ取り、自然への畏敬や信仰の念を持ったのです。農耕の技術や知識が発達していない古代においては、日々の糧を得るのも非常に困難であり、それだけに神様への切実な願い事は、豊作や豊漁であったことでしょう。さらには、人の命を後世へとつなぐ子孫繁栄は、いっそう大きな願いごとだったにちがいありません。日本で最も古くからお祀りされた神、原初の神々は、こうした願いをかなえる神であり、人や作物といった生命を産み出し、繁栄をもたらす神でした。また生命の誕生には2つのものを出会わせ結びつけることが必要です。そのため原初の神は、結びの神でもあったのです。

地主神社の神様は、日本でも非常に古くから祀られた古層の神、原初の神です。京都盆地は、大昔には湖に沈んでいた時代もありましたが、地主神社の境内地は、島のように陸地となっており、「蓬莱山」と呼ばれ不老長寿の霊山として信仰されていたと伝わっています。ご本殿前の「恋占いの石」も近年の研究で縄文時代の遺物とされています。こうした最古の歴史を持つ地主神社の神に古代の人々がささげた祈りは、やはり強いご霊力で命を産み出していただくこと、豊作や子孫の繁栄であったことでしょう。子孫繁栄には男女を巡り合わせ結びつけねばなりません。ですから原初の神である地主神社の神様は、縁をとりもつ結びの神、縁結びの神でもあったのです。

現代の皆様の願い事は、受験合格や商売繁盛、健康長寿など様々おありかと思います。しかしどんな願いごとよりも、まずはお一人お一人が命を授かること、この世に生をお受けになることが大前提ではないでしょうか?命を産み出し、命を授かるには、人と人との結びつきが不可欠であり、そう考えますと、どのお願いごとよりまず最初のお願いごとは、人と人との縁、つまりは出会いや絆であり、古代の人々と同様に「縁結び」ということになります。また男女の縁に限らず、私たちが幸福をえるには、日々良いご縁を授からねばなりません。仕事であれば、良い上司に巡りあうこと、良い取引相手に出会うこと。学生の方なら、良い先生や友人に恵まれること。是非ご縁や絆の大切さを心に刻んでいただき、古来より信仰の篤い地主神社の神様に縁結びの信心を深めていただきたいと思います。

近年、地主神社のご神徳は海外にも広がり、アジア・欧米を始め世界各地からご参拝をいただいています。日本古来の神様が海外でも理解され、ご信仰いただくことは、非常に意義深いことであり、喜ばしく思います。さらにこの信仰の輪が世界のすみずみまでおよび、世界中の人々がご縁を深め、強い絆で結ばれ、平和で愛に満ちた世の中となりますことを、心より願っています。

続きを読む

今月の宮司の言葉

平成31年正月 「えんむすび初大国祭」「初詣」「初夢」「亥」

 あけましておめでとうございます。
 地主神社では、元旦から3日までの三が日は、「えんむすび初大国祭」を執り行い、ご参拝いただきました皆様には「開運こづち」を無料にてお授けいたします。

 開運こづちは、地主神社でおまつりする大国主命(おおくにぬしのみこと)という神さまが持っておられる「打ち出のこづち」にちなんだものです。
 七福神の一人でいらっしゃる大黒天という神さまも、大きな袋と小づちを持った姿をしておられます。七福神が乗った宝船の絵に次の歌を添え、枕の下に敷いて眠ると、良い初夢が見られるそうです。

  長き世のとをの眠りのみな目覚め波乗り船の音のよきかな
  (長い夜を眠りについている皆が目覚めてしまうほど、進みゆく船の波音の心地よさよ)

 さまざまな夢に思いを巡らせながらゆっくり眠って休息するのも、お正月ならではの楽しみです。
 今年の干支は亥。猪突猛進と怖れられた猪も、眠る姿は「臥猪(ふすい)の床」として和歌にも詠まれてきました。

  おそろしきゐのししも、ふす猪(い)の床(とこ)といへば、やさしくなりぬ(徒然草)
  (おそろしい猪も、「臥猪の床」と歌に詠むと優雅になってしまう)

 家族や親しい人と心づくしのお節料理を味わうのも、絆をたしかめ合う大切なひととき。もともとお節料理は、歳神さまにお供えしたごちそうを神さまと一緒にいただくというものでした。
 『古事記』には、神さまが互いにごちそうを振る舞い合う場面も登場します。

  膳夫(かしはで)となりて、天つ御餐(みあへ)献(たてまつ)る
  ((ある神さまが)料理人となってごちそうを差し上げる)

 ごちそうの後はさっぱりした七草がゆで身体をいたわり、新年のスタートダッシュをととのえましょう。『古今集』では、大切な人に捧げるために、まだ寒い野に出て若菜を摘む歌も詠まれています。

  君がため春の野に出(い)でて若菜摘む我が衣手(ころもで)に雪は降りつつ(古今集)
  (あなたに差し上げるために春の野原で若菜を摘んでいる私の着物の袖に、雪がしきりに降りかかる)

 どうぞ、本年もぜひ地主神社で素晴らしいご縁をお授かりいただき、お健やかに一年をおすごしくださいませ。おしあわせに。
宮司の言葉 バックナンバー