朝日新聞社刊「日本遺産」18号より
神社、寺の社殿やお堂の位置関係をもとに、清水地域の信仰が地主神社の神さまを中心に広がりをみせたことが、わかりやすく解説されています。地主神社の本殿は、宗教的にもっとも貴いとされる北の座の高まった位 置にあり、そこに祭られる神さまが古代の人々からも、とても深い畏敬の念と厚い信仰を集めていたことがわかります。
PDFデータをダウンロードして
ご覧いただくこともできます。

図解・地主神社御本殿(1MB)
  参考資料
古い形式を残す
地主神社建築
−昭和52年(1977年)発行
「重要文化財・地主神社社殿
修復記念誌」より−

下記より
PDFデータが
ダウンロードできます。

古い形式を残す
地主神社建築

(3MB) 
  参考資料2
建築様式から読み解く、
由来と歴史

−地主神社・本殿−
1968年(昭和43年)9月1日
第9号発行 神社本教
季刊誌 「本教」より
→ 資料庫のTOPへ戻る
PDFをご覧になるには
アクロバットリーダーが必要です。
お持ちでない方はこちらから
ダウンロードしてください。

アクロバットアイコン