都をどりで咲いた、地主桜。
都をどりは、毎年4月1日〜30日にかけて
祇園甲部歌舞連場で行われる京都の春の風物詩。
初演は、明治5年(1872年)、当時行われた博覧会の余興として
上演されたのがはじまりで、公演は現在130回を越えています。
都をどりは、原則として、総踊形式で一貫し、
京都の名所や四季などを長唄で紹介しながら踊ります。
地主桜は、いにしえの京都の春が忍ばれる名所として、
昭和51年(1976年)、第104回公演の
歌題「京舞都面影(きゃうまひみやこのおもかげ)」の第八景 、
終曲の題材となりました。
詩には、謡曲「熊野(ゆや)」「田村」の一節が取り入れられており、
地主桜が古来より天下の名花として謳われたことがわかります。


:猪熊兼繁 作詞 長唄「地主の桜」 第104回 都をどり写真帳より)
:「第八景 地主の桜(長唄)〜背景 清水地主神社の春〜」の解説
第104回 都をどり写真帳より)
第八 地主の桜(長唄)
→ 資料庫のTOPへ戻る
  第八 地主の桜(清水地主神社の春)