えんむすびの神さま 京都地主神社
神・こころ・ひと・日々新たに
縁結び祈願 京都地主神社 ご利益ページ 恋愛の神様 ご祈願ページ 地主物語
参拝時間 午前9時〜午後5時
良縁めぐり | 季節のお祭り | 由来と歴史 | ご社殿 | 神様とご利益 | 宮司の言葉 | 神社だより | 花だより | 資料庫 | 神社TOPICS BLOG | ハッピーフレンズ
TOP >> 七夕特集 >> 日本の七夕行事
 

七夕特集トップ

  • 七夕の歴史・由来
  • 七夕かざりと短冊
  • 七夕ストーリー
  • 七夕クイズ
  • 七夕辞典
  • 白うさぎの星空講座
  • 七夕料理レシピ
  • 日本の七夕
  • 日本の七夕
  • 日本の七夕
  • 七夕ダウンロードアイテム
  • 七夕祭
  • 七夕こけし
  • コイバナナ
同じ七夕なのに、全然違う? 日本の七夕行事

七夕が近づくと、日本各地で色々なお祭りや行事が行われます。七夕行事の形式は地域によってさまざまで、地域だけに伝わる珍しいお祭りや行事には、北海道の「ローソクもらい」、関東地方の「七夕馬」、長野県松本市の「七夕人形飾り」、島根県大東町の「大東七夕祭」などがあります。
また、七夕前に行われるものもあれば、旧暦の七夕にあたる8月に行われるものもあります。旧暦に行事を行う主な理由は、季節や気候、信仰的なことがあげられます。

旧暦7月7日の七夕は、梅雨明け後である8月の夜だったので、晴れた日の方が多かったようです。しかし新暦の7月7日では、全国的にまだ梅雨が明けていないため、七夕の夜が雨のことも珍しくありません。
逆に、青空に向かって泳ぐイメージが強い鯉のぼりですが、もともと、江戸時代の頃は6月の梅雨の時期に掲げられていました。雨の中で鯉が力強く天に昇って龍になる「鯉の滝登り」にあやかって、武士の子弟が出世を願ったのだそうです。

このように天候などの理由や、古くからの習わしに従うという信仰から、従来の暦で行事や祭礼が行われることは全国でも多く見られます。

日本各地の七夕祭り、七夕行事を見てみよう! 愛知県安城市(安城七夕まつり) 神奈川県平塚市(湘南ひらつか七夕祭り) 宮城県仙台市(仙台七夕まつり) 島根県大東町(大東七夕祭) 長野県松本市(七夕人形飾り) 関東地方(七夕馬) 北海道(ローソクもらい)
七夕祭りの起源「乞巧奠(きっこうでん/きこうでん)」とは…

乞巧奠(きこうでん)」は、中国の行事で7月7日に織女星にあやかってはた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれました。
七夕の日に筆、楽器、糸たばを机に並べて、芸事などの上達を願いました。
その後日本でも、和歌や音楽、裁縫、書道など芸の上達を願って行われるようになりました。

詳しくはこちら>>

今年の七夕は、短冊(たんざく)の代わりに七夕こけしを竹笹につるして、願い事をかなえよう!

 
ページ上部へ
島根県大東町(大東七夕祭) 愛知県安城市(安城七夕まつり) 長野県松本市(七夕人形飾り) 神奈川県平塚市(湘南ひらつか七夕祭り) 関東地方(七夕馬) 宮城県仙台市(仙台七夕まつり) 北海道(ローソクもらい)